コンデンサにプリント配線板の設計・試作から量産までエレクトロニクスパーツを世界の製品にご提供します。



インピーダンス値のシミュレーションについて

特性インピーダンス

h:絶縁層厚、W:導体線幅、t:導体厚、εr:絶縁体の誘電率
(プリント回路ハンドブックより)

マイクロストリップラインの、インピーダンスを 決めるパラメーターは

  1. 1.パターン幅
  2. 2.絶縁層厚
  3. 3.誘電率
  4. 4.導体厚(めっき厚)

であり、特にインピーダンス値の決定要因として、1.と2.についての影響が大きいと考えられます。エルナーでは、Polar社の特定インピーダンス計算ソフト(S-6000C)により計算を行い、絶縁層 の厚さ、回路幅を近似する事ができます。

インピーダンス値の測定方法について

  1. 1.本体の機種名
    アジレントテクノロジー社の測定機86100C/54754Aを使用。
  2. 2.測定方法
    上記のプローブの先端で、校正を行った後、各テストクーポンの各層(GNDと各層の2点)に接触させて測定。
  • テストクーポンの形状

テストクーポンの形状は変更する事もあります。

ローカルナビゲーション